01

非常時にも安心の自立運転モード

地震や台風など災害により停電になった場合でも、太陽光発電なら「自立運転モード」で電気を供給。専用のコンセントに、使用したい電気製品を差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。 天候条件や時間帯によって制約はあるものの、自立運転に切り替えることで専用コンセントでAC 100V (最大1.5KWまで)が使用できます。

これを上手に活用すれば、電気が復旧するまでの間、電化製品が使用可能。テレビやラジオなどを使用して災害時の最新情報を確認したり、携帯電話を充電しておくことができたり。停電時にも、様々な場面で活躍する太陽光発電です。

【ご注意いただきたいこと】

東日本大震災のような災害は誰もが予測できません。その際のライフラインの強い味方となるのが太陽光発電システムです。
ただし、蓄電システムではありませんので夜間は発電ができないので当然供給もストップします。
しかし晴天の日中の非常電源システムとしては十分な供給を行えますので、致命的な破損をしない限り、緊急時にも安心してお過ごしいただけると考えています。